RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
習志野3回戦 5回コールド勝ち!
第89回全国高等学校野球選手権大会・千葉県大会
【3回戦】(9時〜@千葉マリンスタジアム)
習志野 10−0 柏日体

柏 00000 0
習 11206 10

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
習志野が、柏日体に10-0の5回コールドで完勝し、4回戦進出を決めた。
2回戦に続き、先発した飯島が毎回ランナーを背負いながらも、粘り強いピッチングで要所を締め、零封。(飯島は、15イニング無失点)
打線も、長短打を絡め二桁安打で10得点。
特に、6番小笹は、3打数3安打2打点と大当たり。本塁打が出れば、サイクルヒットという活躍だった。
今日の1勝で、いよいよチームは波に乗ったように思う。
4回戦は、23日900〜成田大谷津球場にて、千葉敬愛との対戦となる。

試合経過は、以下の通り。
1回
飯島、2安打されるも2三振を奪い、無失点での滑り出し。
その裏、2死2塁から4番伊井が、左中間を破る先制のタイムリースリーベース
※この先制タイムリーは、非常に大きかったと思う!

2回
先頭の小笹が、センター前へ。
犠打で1死2塁とし、8番伊藤がレフトフェンス直撃のタイムリーツーベース

3回
ヒットと四球、犠打で1死1,3塁とし、6番小笹。
打った瞬間、ホームランかと思われた大飛球は、千葉マリン特有の風に戻され惜しくもレフトスタンドに届かなかったものの、タイムリースリーベースとなり、2点追加

4回
飯島、1死1,3塁のピンチを招くも、後続を抑える。

5回
飯島、またピンチ。1死満塁とするも、外野フライ2つで打ち取り、またも無失点。
その裏、1死から6番小笹、この日3安打目は、セカンドの左を鋭いゴロで抜き、そのまま打球は右中間へ、スリーベースとしてチャンスメイク。
2四球で2死満塁とし、1番永田が、センター前2点タイムリー
続く、浅沼が絶妙のセーフティーバントでつなぎ、再び2死満塁に。
3番石原・4番伊井は、四球を選び2連続押し出し
雨降りしきる中、あと2点でコールドの場面で5番仙石の当たりは、セカンド後方へポトリ。セカンドランナーも生還し、試合終了
5回コールド勝ち!!


先発飯島の粘投、6番小笹の活躍
上位打線も復調し出し、さぁここからが本当の戦いが待っていることだろう。
秋、春と県大会への出場すら果たせなかった今チームが、ノーシードからどこまで勝ち上がれるのか。
次の千葉敬愛戦は、これまでの3試合と違い、間違いなく接戦になるだろう。
その接戦を物にできれば、本当の力がついてくると思う。

次の4回戦は、私自身は観に行くことができないのだが、選手達の活躍と勝利を信じ、吉報を待ちたいと思う。
ガンバレ、習志野!
author:鬼頭祐介, category:顧問先記事, 14:20
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:20
-, -
Comment









Trackback
url: http://yusuke-k-blog.jugem.jp/trackback/24