RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
習志野1回戦 快勝!
第89回全国高等学校野球選手権大会・千葉県大会
【1回戦】(9時〜@秋津球場)
習志野 9−3 日大習志野

日 000003000 3
習 03010221X 9

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
習志野高校が、見事に初戦を飾り、2回戦(vs柏南)に駒を進めた。

昨日の第一試合は、習志野対決、しかも球場は地元の秋津球場ということもあり、
物凄い人・人・人
なんと、入場チケットを買うのに、長蛇の列。
開始30分前に球場入りし、シートノックから選手の様子を見ておこうと思い、8時半前に球場に到着したのだが…。
まさかの展開。とにかく、すごい列。
仕方なく並んだのだが、待つこと30分以上
結局、試合開始に間に合わず、1回の攻防を見逃してしまった。

さて、そんな形で出鼻をくじかれてしまったのだが、試合の方はというと…
相手投手の140km前後の直球を、打ち崩せるのかが勝敗を分けると考えられたが、見事に打ってくれた。

まずは、2回
2死から連打でチャンスを作り、1,2塁となったところで8番伊藤。
直球を思い切って振り抜いた当たりは、高々と上がりライトからレフト方向に流れる風に乗って、スタンドへ。
先制の3ラン!!

4回
ヒット2本と犠打を絡め、1死2,3塁に。
ここで、またも8番伊藤。
今度は、センターへ大きな当たり、風にやや戻されながらも、タッチアップには十分。
3塁から走者が生還し、犠飛により1点追加

6回
それまで危なげなく好投していた、先発の大石が突如崩れ、2四死球と犠打で1死2,3塁のピンチを作り、まずはセンター前へタイムリー。
続く打者を打ち取るも、2死から右中間を破られる2点タイムリーツーベースを浴び、1点差に。
しかし、その裏すぐさま取り返す。
2死1,2塁から三度、8番伊藤
今度は、ライトへライナー性の当たり、逆風を物ともせずライトの頭上を越える2点タイムリーツーベース。
I、この日6打点!!

7回
この回から交代の2年生投手飯島が、三者凡退に抑え、流れは完全に習志野へ。
その裏、1死1,2塁から4番伊井が、追い込まれながらも食らいつき、3塁線を破る2点タイムリースリーベースで、追加点!

8回
先頭の佐藤が、レフトへ見事なソロ本塁打を放ち、勝負あり。

9回、きっちり押さえゲームセット。


秋・春と県大会出場を逃し、心配された初戦であったが、春敗退後の数ヶ月の猛練習の甲斐があったのか、チームは見違えるような成長を遂げていた
そう感じさせてくれるナイスゲームだった。

そして、何よりもこの日は、8番伊藤に尽きる!
伊藤は、チームの中でも1,2を争うほど、トレーニングをクソ真面目に取り組む選手だった。
しかし、その真面目さが裏目に出ることも多く、練習試合で彼が打っているところをほとんど見たことがなかった。
そんな彼が、昨日の1回戦の大事な試合で2安打6打点の大活躍。
練習・トレーニングをはじめ、彼の何事にも真面目に取り組む姿勢が、最後のこの大会に結果となって表れてくれて本当に良かった。
次の試合も、この調子で活躍してほしいと思う。
また、次なるラッキーボーイ的存在が登場し、チームが波に乗っていくことを願いたい。


author:鬼頭祐介, category:顧問先記事, 10:34
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:34
-, -
Comment









Trackback
url: http://yusuke-k-blog.jugem.jp/trackback/22